« ヤキソバですけど | Main | 事務所でカレー »

March 24, 2005

映画の『半落ち』って?

映画『半落ち』を観た。
横山秀夫の大ヒットミステリー小説を映画化したものなので、昨晩、テレビで放映があるにもかかわらず、コマーシャルなしでちゃんと観ようと思い、TUTAYAでDVDをレンタルした。
ちゃんと観たいと思ったぼくがバカでした。
作品のテーマは、アルツハイマー、尊厳死、骨髄移植と重たい。
でも、脚本が良くないため、登場人物のキャラクターがあまりに類型的で、ただのお涙ちょうだい映画になっている。
さらに、主人公役の寺尾聰はともかく、脇役のキャスティングの悪さがこれに拍車をかけている。
裁判官の役で吉岡秀隆(あのドクター・コトーね)が出てきた時には、がっかり。
どうして、こんなにワンパターンの演技しかできないのか?というか、彼のキャラクターの陰気くささには閉口してしまう。

P1000087

最悪なのが、エンドロールで流れてくる、森山直太郎の歌。くどいファルセットボイスが流れてきた時には、正直、びっくりしてしまった。
たいしたことない映画をさらにうんざりさせてくれる。センスのなさに唖然とさせられるよ。

この映画、日本アカデミー賞を受賞しているらしい。
こんな映画が受賞するくらいだから、日本映画が盛り上がらないのが、分かるね。

|

« ヤキソバですけど | Main | 事務所でカレー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/3421376

Listed below are links to weblogs that reference 映画の『半落ち』って?:

» 脚本レビュー「半落ち」 [独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板]
作家、横山秀夫のベストセラー・ミステリー「半落ち」を 「日はまた昇る」の佐々部清が監督(脚色も)映画化しています。 「半落ち」というのは警察の取り調べの隠語で... [Read More]

Tracked on March 25, 2005 at 08:52 PM

« ヤキソバですけど | Main | 事務所でカレー »