« ヘロヘロ… | Main | ロングエンゲージメント »

March 10, 2005

モールスキン

P1000067←モールスキン手帳を買った。

この手帳、約200年前からあるもので、ゴッホをはじめ、マティス、ヘミングウェイなど20世紀を代表する芸術家、文豪たちに愛用されてきたらしい。また、英国の紀行作家ブルース・チャットウィンが「私にとって、パスポートがなくなるのと同じほど、このノートが無くなるのは災難なことだ!」といったことでさらに世界にその名をとどろかせたという。
なんでもカタチから入るボクとしては、見逃す手はない。
服飾用の撥水性生地素材「モールスキン」を使ったハードカバーと、必要最小限のシンプルなデザインが、心を捕らえる。

表紙を開くとつぎの文章が目に入る。
In case ofr loss, please return to:
As a reword: $
「もしこの手帳を拾ったら、下記まで送ってください。お礼として  ドル差し上げます」とあり、
所有者の連絡先と礼金を記入する欄がある。
なんだか、洒落ているでしょ。
いろいろ書き込んで、この手帳が自分にとって価値のあるものになったら、金額を記入することにしよう。

P1000065
↑左がスケッチブック

今回は、通常ノートと、厚手の用紙でできたスケッチブックを購入。
本や、映画のことや、美味しい店の情報を書きとめたり、街のシーンを切り取って描いたりと、いろいろ楽しめそう。
ただ、子どものころからノートをつけるの大の苦手なボクが、ちゃんと使いこなせるかは疑問。

この手帳、映画『インディージョーンズ〜最後の聖戦〜』や『アメリ』にも登場したらしい。

|

« ヘロヘロ… | Main | ロングエンゲージメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/3246006

Listed below are links to weblogs that reference モールスキン:

« ヘロヘロ… | Main | ロングエンゲージメント »