« 4月そしてヤキソバ | Main | エターナル・サンシャイン »

April 02, 2005

カイルア・コナ(2004年のハワイ島旅行から)

hawaii1
↑フリヘエ宮殿

コナの街を散策しようということで、ワイコロアのコンドミニアムから、カイルア・コナの街まで約40分のドライブ。
AMIKOから、「ハワイ島の人は、運転荒いよ」と聞いていたが、ほんとにみんなビュンビュン飛ばす。
ぼくは、安全運転で、煽られても無視。
コナは、ハワイ島で一番大きな街なので、観光客も多い。かわいいお店や、しゃれたレストランも沢山ある。
でも、ぼくだけかもしれないが、どうも退廃的な雰囲気を感じてしまう。

コナを歩いてみて思ったのだけど、どうも、70年代のヒッピーが定住してしまったような人が多い。
それが、独特の退廃的な雰囲気をかもし出しているのかもしれない。
ベトナム戦争の真っ最中。アメリか本土から、自分達の理想のコミューンをこのハワイ島に作ろうと、たくさんのヒッピーが移り住んだらしい。
ヒッピーも歳を重ねると、ちょっと悲しい。
でも、いまのパーソナルコンピュータやネットワークの考え方は、こういったヒッピーの実践したカウンター・カルチャーを抜きにしては考えられないんだと思うと、改めて、ぼくが青春真っ盛りだったころに形成されたきた文化のすごさを感じるね。
話がそれました。

kona

街の外れまで行くと、フリヘエ宮殿の庭で子供達がフラの練習をしている。なんて可愛いのだろう。
さっそくスケッチしようと思ったけど、人が多いので、すこしびびったが、知ってる人に会うわけでもあるまいし。
かまわずスケッチ。

ディナーは、映画「フォレスト・ガンプ」をテーマにしたレストラン「ババ・ガンプ・シュリンプ・カンパニー」。
予約は取らないということで、早めにお店に。
早めに行ってよかった。さすがに人気店、すぐに席はいっぱいに。
ユーモラスなウェイトレスが席の間を軽快に動き、小気味よく注文をさばく。そして満面の笑顔。こういうところが、日本のレストランと大いに違うところ。はやり、チップ制ということもあって、プロ意識が違うね。
料理はエビ料理が中心で、そこそこのお味。

hawaii2
↑世界で2番目に小さいといわれる、セント・ピーターズ教会の中。1番小さいのはどこだろう?(外観は失敗)

さあ、日も暮れて、ワイコロアへ。初めての夜のドライブ。
単調な道に、街路灯もほとんどない。そしてぶっ飛ばすローカルの人たち。正直、ちょっとこわい。
途中、スーパーで翌朝の食料を仕入れて、無事、コンドミニアムに到着。
そうそう、ハワイのショッピングセンターなどの駐車場は、車の頭から入れる。
ぼくは、頭からすっと入れて、バックで出すほうが効率がいいと思うのだけど、日本人は、出す時のことを考えて、予めバックで駐車する。国民性の違いなんでしょうね。
ハワイで、バックでもたもた駐車しているのは、間違い無く日本人観光客。
ぼくは環境適応が早いので、迷わず頭からスッ。

|

« 4月そしてヤキソバ | Main | エターナル・サンシャイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/3531052

Listed below are links to weblogs that reference カイルア・コナ(2004年のハワイ島旅行から):

« 4月そしてヤキソバ | Main | エターナル・サンシャイン »