« 気になるCM | Main | いよいよマスターズ »

April 06, 2005

ソフィーの世界

最近、面白い本を読んでいない。この一ヶ月で5冊くらい本を買ったけど、どれも途中で投げ出してしまった。
集中して一気に読めるような面白本は、なかなかないね。
で、すこし古い本の紹介。
ずいぶん前(1995年)に出版された本だけど『ソフィーの世界−哲学者からの不思議な手紙』というのがある。
ノルウェイのヨースタイン・ゴルデル著、「一番やさしい哲学の本」として世界的なロングセラーになり、映画化もされている。
ごく普通の14歳の少女ソフィーが、「私はいったい何物?」といった哲学的な問いに向きあいながら、さまざまな事や考え方を学んで行くという、いわば哲学ファンタジーといった作品。
ぼくは、高校生のころにろくに学校も行かず、図書館でカント、ヘーゲル、ニーチェなどの哲学書を読みあさっていた時期がある。
それは、周りにいる大学生の人たちの話題について行こうと、単なる背伸びをしていたわけなんだけど、正直なところ、本の内容は、まったく理解できてなかった。
なんの素養もないお調子者の「ばか高校生」に理解できるはずもないけどね。
それが、このソフィーの世界を読んだ時、かつて、まったく理解できなかった哲学者の概念や思想が
「あ、そういうことだったのか」
と、まるでマジックの種明かしを見た時のように理解できたのを覚えている。
主人公のソフィーと一緒に、いままで難しく思えた哲学者の概念を、やさしく、面白く、そして生き生きと読み解いていくこの本は、たちまちぼくを虜にしてしまった。
この本を読めと、紹介してくれたのは、ぼくが高校生のころ哲学を語っていた大学生。いまや、立派(?)な内科のお医者さん。
「実は、わしもあのころ理解してなかったんよ。この本読んで、はじめて分かったような気がする」
だって。

|

« 気になるCM | Main | いよいよマスターズ »

Comments

あの〜・・・
この本、貸してくれるって記憶してますが、いつ貸してくれるのでしょうか?
「おもしろいな〜」って言いたいんです。ヨロピコ!!

Posted by: wanpac | April 08, 2005 at 10:38 PM

やっと誰だか分かったよ。
最初はナオキちゃんかと思ったけど、今電話して確認したら、
フミヤ君だったのかあ。
コメントありがとうね。
「勉強も頑張って」と、恐いお母さんの手前、言っておくよ。

Posted by: ササキ | April 07, 2005 at 06:27 PM

僕も「ソフィーの世界」はおもしろいな~、って思ってました!とはいっても佐々木さんとは違い、形だけでも高校に行っていたのであまり時間が無く読んだのはさわりの数十ページだけですが・・・。時間が空けば残りを一気に読みたいと思います!!

Posted by: 山本鶴文 | April 07, 2005 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/3591223

Listed below are links to weblogs that reference ソフィーの世界:

« 気になるCM | Main | いよいよマスターズ »