« ミリオンダラー・ベイビー | Main | ハイナ イア マイ アナカプアナ »

May 31, 2005

思い出の名演奏

日曜日の夜、NHK教育テレビ『思い出の名演奏』という番組で、ゲオルク・ショルティとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が94年に来日した時の演奏会の模様を放送していた。
教育テレビだぜ!!
ちょっと前なら見向きもしなかったチャンネルだけど、最近よく観ている。これがけっこう面白い番組が多くて楽しめる。
教育テレビが面白くなったのではなく、ぼくがそれを面白いと思える年齢になったということか。

で、その演奏会の演目が大好きなシンフォニー、ベートーベン『交響曲7番』。
この曲と、ドボルザークの交響曲8番が、どちらの甲乙つけがたいぼくのベストシンフォニー。
ドボハチとベトナナね。

この日演奏はほんとに素晴らしく、最初はなにげなく聞いていたのだが、途中から本気で聴き込んでしまった。
特に”永遠のアレグレット”として有名な第2楽章。SATO風に言うなら「キューーン」。

かつて、ぼくがバカで生意気な十代最後のころ、
ある大学の先生が
「ベートーベンなら7番。第2楽章の美しさはたまらないわよ」(註:男性です)
と教えてくれて、買ったのがカール・べ−ム指揮、ウィーンフィルハーモニー演奏のレコード。
ぼくはこれを擦り切れるくらい何十回も聴いた。

もうクラシック音楽を積極的に聴かなくなってから、20年以上になるけど、若い頃に聴いていた曲は心の琴線にふれるなあ。
小さなテレビの粗末なスピーカーからの音だけど、うるうる、もういちど「キューーン」。

しかし、ベートーベンはやはりいいよ。
構成が分かりやすいし、ドラマチックだし、なにより旋律が美しい。
もういちど聴き直してみようかな。
でも、持ってるのは全部レコード盤なので、いまのわが家では再生できないし。
かといってCDの再生装置も持っていないし。

これは欲しいものりストに追加でしょう!!

|

« ミリオンダラー・ベイビー | Main | ハイナ イア マイ アナカプアナ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/4355639

Listed below are links to weblogs that reference 思い出の名演奏:

« ミリオンダラー・ベイビー | Main | ハイナ イア マイ アナカプアナ »