« かくも深き緑(寂地山登山) | Main | ダークスーツ »

June 15, 2005

遊牧民

ある日、友人の女性から「S木さんは、まるで遊牧民みたいね」と、言われたことがある。
確かにすがたかたちは、モンゴルの草原に羊と共に暮らしている人たちと同じ系列ではあるし、モンゴルとかチベットあたりを取材したテレビ番組を観ると、なぜか懐かしい気持ちになる。太古のDNAがそうさせるのかもしれない。
でも、彼女が言ったのはそういう意味ではないらしい。
どういう意味か?それは、要するに腰がフラフラして落ち着いていないということだと思う。
当っている。小学生のころから通知表(当時は確か「よいこの歩み」だったと思う)には、毎回『授業中、落ち着きがない』と書かれていたし、今でも休日は朝、目が覚めてから2時間以内に必ず家を出る。一日家に居るのは、1月1日くらいしかない。
さらに、数年前借金して家を買ったが、それでもこの家が終(つい)の住処とは思えず、落ち着かない。
どうもぼくにはひとつ所に留まるということができないようだ。
そうかといって、勝手気ままに放浪するような勇気もなく、適当に中腰で人生を渡っていく『へたれ遊牧民』なのかもしれない。

その昔、勤めていた会社の人が自宅に何度も電話をかけてきたのに、いつも不在にしていたため、
母親が「すみません。自由で…」と言ったらしい。
それを聞いて、その表現がすごくよかったと、かけた本人が笑って報告してくれた。
母は、そんなふうに僕を見ていたのかと、うれしかったりもした。

自由におおらかに生きていけるとしたら、これほどのことはない。
『遊牧民』。褒め言葉ととっておこう。

|

« かくも深き緑(寂地山登山) | Main | ダークスーツ »

Comments

ぼくが遊牧民って言ったのは、あなた!NONちゃんだぜ。

群れていようが、ひとりでいようが、心の中の自由は、誰にも犯されないわけですよね。人が思うことをコントロールしようとするものとは、全力で闘わなければ。
へたれ遊牧民は、こんど山口方面へ流れていきます。
ナオキちゃん、遊んでね。

Posted by: ササキ | June 16, 2005 at 06:16 PM

“遊牧民”大当たりです!
 血液型の特別番組で“なるほど”とうなずいたのが
A型は農耕民族 O型は狩猟民族そしてB型は遊牧民族と言う例え・・・
なかなか納得ですよね!JUNさんも私も自由な遊牧民族ですもんね!!
 

Posted by: Noriko | June 16, 2005 at 01:16 PM

「へたれ遊牧民」っていう表現がいいすね。暮らしと家族があるから、それと勇気もないから・・・僕は遊牧民にもなれず、管理される側の羊なのですけど・・・でもこの羊もなかなかこれで大変なのなのですよ・・・何か変でも群れについて行かなければ一匹では生きていけないし、ある意味楽でもあるけれど。「へたれ遊牧民」これいいじゃないですか。いいですよ。うん。

Posted by: naokun | June 16, 2005 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/4565767

Listed below are links to weblogs that reference 遊牧民:

« かくも深き緑(寂地山登山) | Main | ダークスーツ »