« 灼熱の山登り | Main | 祈り »

August 10, 2005

独立記念日の夜は大騒ぎ ハワイ、オアフ島一人旅(10)

bordersカハラから帰って、ホテルでひと休み。シャワーを浴びて、元気を取り戻したところで、今度はワード地区へ。
朝、ABCストアーで4日間のバスパス($20)を購入しておいたので、それを使ってバスで行くことに。ホテルの裏手にバスストップがあるので、とても便利。
まず「BORDERS」でしばらくハワイ関連の本を立ち読み、というより、全部英語なので立ち見して、それから、前回買いそびれた、自分用のCDを何枚か購入。すこしのんびりしようと、前から行きたかった「BORDERS COFFEE」へ。カフェモカを飲みながら、しばらく店内をスケッチして時間をつぶす。
店内は、コンピュータを持ち込んで勉強している(?)学生風の若者が多い。

きょうの夕食は、ひとり。手軽に済ますには、プレートランチの店が便利。そこで、BORDERSからは、ほんの2、3分の距離にある「カカアコ・キッチン」に向かう。このお店は、お手軽プレートランチでありながら、味は本格派といわれ、地元では人気の店らしい。案の定、カウンターの前には行列ができている。
ミックスBBQを注文して、外のテラス席へ。ここは、料理をカウンターの前で待たないで、席についているとウェイターさんが持ってきてくれる。席について廻りを見ると、地元の家族連れや、メインランドからの観光客が多いようだ。
料理は、チキンとビーフの照焼きにライス、それに、グリーンサラダ。本格派というのは、まんざらではなく、満足な味だった。

borders_2

満腹になり、散歩がてらホテルまで歩く。アラモアナの公園では、独立記念日の打ち上げ花火を待つ人たちが、爆竹を鳴らしたり、花火を打ち上げたり、クレイジーな大騒ぎ。びっくりしてしまう。
しばらく歩いていると、マジックアイランドあたりに花火が打ち上がる。あちこちで大きな歓声があがる。高級ホテルからは、赤ら顔のアメリカ人達が、嬌声をあげている。AMIKOは、独立記念日はうるさいので、外に出ないと言っていたが、その意味がよくわかったよ。

あすは、楽しみにしているトレッキング・ツアー。早く休むとしよう。

|

« 灼熱の山登り | Main | 祈り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/5393982

Listed below are links to weblogs that reference 独立記念日の夜は大騒ぎ ハワイ、オアフ島一人旅(10):

« 灼熱の山登り | Main | 祈り »