« 年末、年始 | Main | チベットの子ども »

February 01, 2006

なんと文化的な週末

この時期の週末は、することがない。海は寒いし、山は大雪だし・・・
なんと、このあいだの週末なんかは、あまりに暇で会社に来て仕事したくらいなのだ。
なので先週末は、街歩きをかねて映画、ライブ、美術展、そしてスケッチと、文化の香りたつ時間を過ごした。

土曜日。映画、ジョディー・フォスター主演の「フライトプラン」。
ちょっとご都合主義的な脚本。脚本はまずいが、ジョディー・フォスターはうまい。

夜は、僕が習っているウクレレの先生(ギターの先生でもある)が、アコースティックライブをするというので、聴きに行く。80年代のアメリカンポップスが中心だったので、楽しい時間が過ごせた。ただ、観客はほぼ女性ばかりで、男性で、しかもおっさんは浮いた存在となる。
コンサートの前に食べた「みんな」のビーフかつ定食、やはりおいしいっす!

日曜日、映画「THE 有頂天ホテル」。
これは面白い。三谷幸喜の最高傑作じゃなかろうか?
ホテル内でおこるさまざまなエピソードを、破綻なくエンディングに持って行くあたりは、流石。
ダイヤモンドシティから県立美術館まで歩いて、「エルミタージュ美術館展」を鑑賞。
当時の生活の模様が、才能ある画家たちによって生き生きと描かれていて興味深い。

0201
それからまた歩いて家まで帰って、自宅をスケッチしてみる。
どうもうまく描けない。もともとうまくはないのだから仕方ないのだけれど、もうすこしなんとかならんかね。
形を捉える、生きた線を描く、まよわない、色は感じる、などなど勉強する事は多い。
練習、練習。

ということで、なかなか文化的でしょ。


|

« 年末、年始 | Main | チベットの子ども »

Comments

先日は、大変なときに電話して失礼しました。
山口行、楽しみです。おいしいもの食って、山も歩きましょうぞ!!
時間があったら、スケッチもしたいです。

Posted by: ササキ | February 03, 2006 at 09:09 AM

山口には、スケッチにしたいところがたくさんありますよ。Sさんのタッチには合わないかもですけど、やはり瑠璃光寺かな。「(長州はいい塔をもっている)と惚れぼれするおもいであった。長州人の優しさというものは、山口に八街九はくをつくった大内弘世や、ザビエルを保護した義隆などの大内文化を知らねばわからないような気もする。」と司馬遼太郎が絶賛した五重の塔です。来山楽しみです。

Posted by: naokun | February 02, 2006 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/8447672

Listed below are links to weblogs that reference なんと文化的な週末:

« 年末、年始 | Main | チベットの子ども »