« 津和野 | Main | 下関レトロ »

March 10, 2006

山口へ行く

naokunを訪ねて山口へ。
彼は今、単身赴任で山口市に住んでいる。
もうずいぶん長い付き合いになるなあ。幼稚園のキャンプで一緒にお風呂に入った次男のFUMIYAは、いま大学受験の真っ直中だし、若くて美しかった奥さまは、今では・・・今でも若くて美しい。
F田君も同行。3人とも同い年。
到着すると、おっさん3人ではあまりにむさ苦しいということで、うら若き(?)美女が同行してくれた。naokunの部下らしく、上司の強権を発動したのか?
彼女のお蔭で、この旅が華やいだものになってよかった。
秋吉台をハイキングし、そのあと萩までドライブ。思い出の海岸でしばし感傷にふけったりして・・・
夕食は、カジュアルなイタリアン。話も弾んで、楽しいひとときだった。
翌日、件の彼女は熱を出したそうで残念ながら参加できず。中年3名の珍道中となる。
せっかくだから、下関まで足を伸ばす。最大の目的は、唐戸市場で売っている林商店の「辛子明太子」を買う事。この明太子は北九州の叔母が広島に来る時、いつも手土産にくれる、最高に美味しい明太子なのだ。
まず、下関から高速艇で門司まで渡り、レトロ地区を見物。ここでスケッチをする。
海からの風が寒くて、身体の芯まで冷えてしまった。
再び船で引き返し、唐戸市場で買ったふぐやアンコウの唐揚げをほおばる。ぼく以外のおっさんたちは、美味しそうにビールを飲む。うーん、うらやましいぞ。といってもぼくは下戸なんだけども。
明太子も買って、次は「瓦そば」を食ベに行こうと川棚温泉へ向う。
有名な「かたせ」は、お昼時を過ぎているにもかかわらず、超満員。仕方ないので、「お多福」で食べる。満足、満足。そうそう、naokunの美人の奥さま、T鶴ちゃんの手作り瓦そばも大変美味しいのだよ。また、食わせておくれ。
帰りは同じ道を通っても面白くないので、日本海側を長門まで行って、それから山口まで戻ろうということに。途中、海に架かる橋、角島大橋にも寄り道した。
最初は、お昼頃には広島に帰ろうと思っていたのだけど、結局、山口に着いたのが午後5時頃。
よく遊んだ2日間だった。お土産に「豆子郎」という生ういろうを持たせてもらい、山口を後にした。
あー楽しかった。よく食べて、よく喋って、よく笑って。
MIRUさん、ありがとうございました。今度は広島に来てください。
naokun、また遊びに行きます。今度はT鶴ちゃんもいっしょに遊びたいね。

写真やスケッチは、いまぼくのコンピュータが修理にでちょるので、直ったらアップするいね。

ちょうどこれをアップする前に、M尾医師からnaokunの次男が希望の大学に合格したとの知らせが入った。おめでとう!!FUMIYA 。ほんとに良かった。

|

« 津和野 | Main | 下関レトロ »

Comments

今度は山口を基点に福岡まで足を伸ばしましょう!!鳥の水炊き食べたいす。
それから、広島に帰ったらT鶴様の瓦そばパーティーを忘れないで。

Posted by: ササキ | March 12, 2006 at 01:57 PM

単身生活に潤いを与えてくださったS様、F様mlml様みなさん本当にありがとうございました。楽しいひと時、同じ風を感じることができてとっても幸せ気分でした。今度、お褒めに預かったT鶴様の瓦そばパーティーしましょう。と勝手に決めてますが、T様の「高いよ!」との声が聞こえてきました。

Posted by: naokun | March 11, 2006 at 12:40 AM

みなさんありがとう!!本日もmlmlイタリアン喰って上機嫌(^_^) いやいや、ビール飲んでチョー最高♪


Posted by: mlml | March 10, 2006 at 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/9017982

Listed below are links to weblogs that reference 山口へ行く:

« 津和野 | Main | 下関レトロ »