« 歩き始めよう | Main | 玄関先の小さな雑木林 »

April 24, 2006

ひさしぶりのスケッチ

0424_2土曜日、朝会社に出て雑用を片付け、さあスケッチしようと勇んで出かけました。
緑を使いたかったので、葉桜でも描こうと『縮景園』へ。
園内に入ったとたん雨がポツポツと降り始めましたが、ちょうど描いている場所に雨をよけるところがなかったので、傘をさしながら頑張って描きました。でも、やはり落ち着きません。
適当に切り上げ、いったん家に帰ってから車で出かけることにしました。
しかし、家に帰ると猛烈な睡魔に襲われて、ちょっと横になるつもりが爆睡してしまい、気がついたら午後5時。3時間も昼寝してしまいました。チックショー!!
それにしても、すこし疲れていたようで、お昼寝なんて数年ぶりです。目覚めてから気分すっきり。かなり元気になった気がします。
結局その日は、出かけられず、中途半端なスケッチを想像力で補いながら自室で彩色です。

帰る途中、広島駅からの電車待ちの間、スタバでもこっそりスケッチ。

0424_1

日曜日、何かいいテーマはないかと早朝から車で加計の町まで出かけました。
普通に行ったのでは面白くないので、大朝から豊平を抜けて加計へ抜ける道を走りました。
山の中は、絵に描いたような春です。絵に描いたような春を絵にするわけですから、なんだか訳がわからなくなりますね。

0424_3

以前のJR加計駅が無料の駐車場になっているので、車をそこ止めてしばし町の中を散策しました。
JR加計駅はすっかり姿を消しています。
すこし残っている線路の片隅に列車が一台置かれていたので、そこでスケッチしました。
なつかしい鉄道のにおいがして、なんだか胸が締め付けられる思いです。

午後から廿日市の『さくらぴあ』で広島交響楽団の演奏会があるので出かけました。
広響のコンサートは久しぶりです。それに『さくらぴあ』は音の響きがいいと広響の友人が言っていたので、前から楽しみにしていました。
メインの演目である、ブラームスの交響曲1番が素晴しく、感動しました。特に4楽章の有名な第一主題が流れてきたときには、鳥肌が立って不覚にも涙をこぼしてしまいました。
やはり、音がいい。
しかし、なぜ、広島市内に音のいい音楽ホールがないのでしょうね?

この週末は調子こいて3枚も描いていますが、なんだかせっかちな絵になっています。
やはりゆっくりと落ち着いて描かねばと思っています。
ポカポカとした陽気の中、気持ちのいい草原に座り込んで、ひなが一日絵を描いていたいと思う、きょうこのごろです。

|

« 歩き始めよう | Main | 玄関先の小さな雑木林 »

Comments

そう、一度生でクラシック音楽を聞いてください。
せっかく交響楽団員に友達がいるのにもったいないすよ。
心をニュートラルにして聞けば、きっと感動します。
ただし、演奏される曲は選んだ方がいいけど。

Posted by: ササキ | April 27, 2006 at 12:30 PM

いい。いいですよ。絵に描いたような春の絵が!(^^)!
クラシック、生で聴いてみたくなりました。でもなんとなく落ち着かない自分も想像できて悩むところですが。一度経験してみようかしら。

Posted by: naokun | April 25, 2006 at 12:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/9746992

Listed below are links to weblogs that reference ひさしぶりのスケッチ:

« 歩き始めよう | Main | 玄関先の小さな雑木林 »