« April 2006 | Main | June 2006 »

May 23, 2006

おい日本海

この頃から夏にかけて、太平洋の高気圧が強くなってくると、日本海はほとんど波のない状態が続きます。
それでもたまに、日本海側の低気圧の影響で波が上がる日があります。
20日の土曜日がそうでした。けっこういい波が来ていたようです。日曜日、少しでもおこぼれにあずかろうと、島根へ向かいましたが、みごとに波はサイズダウンしていました。
それでもなんとか入れる場所はないかとあちこち移動して、膝下の小さなブレイクを見つけたのが波来浜です。
なんとかテイクオフできるだけの小さな波でしたが、同行したF田さんのニューボードの進水式ということで、無理矢理波乗りをしたのです。
一時間ほど波と戯れ、場所を福光海岸に移してランチタイムです。
なんと、F田さんのガールフレンドがお弁当を作ってきてくれたました。なんて素敵な彼女なんでしょう。とてもおいしく感動的でした。
海で手作り弁当を食べたのは、25年前の「可愛いあの娘」以来です。奇しくも同じ海岸でした。

0605521

食事の後、みんなに、そこを動かないでとお願いし、スケッチしました。
スケッチブックとペンさえあれば、波乗りの合間や、波のないときに絵が描けるので、波乗りな休日をもっと楽しむことができるようになりました。

でも、やっぱり、日が暮れるまで思いっきりサーフィンしたいですね。
『おい日本海、おい!!』

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 19, 2006

最悪

060519
↑この絵は本文とは関係ありません。スタバにいた怪しい?じいさんをスケッチしたものです。

昨日、昔からのサーフィン仲間がなんとなく集まりました。
かつてのおバカなサーファーも、年齢を重ねて落ち着いてくるのが普通ですが、
やっぱり、今でもおバカでした。

そしてついに禁断の扉を開けてしまいました。
みんなで焼肉を食べに行き、たらふくお肉を食べた後、「〆はラーメンでしょ」ということで、ラーメンを食ったのです。
一番やってはいけないパターン。焼肉→ラーメン。
成人病まっしぐらではないか!!
デブまっしぐらではないか!!
せっかく、節制してきたのに。

やつらは、「わしら、成人病推進委員会よね」
とか言いながら、おかまいなし。
たばこもスパスパ吸いやがって…

「おまいらみんなバカか!!」

とはいえ、
マウイ島の波はいいだの、
四国の波はダブルあっただの、
七里ケ浜はええでーだの、
やっぱりノースショアでしょだの、

ほら話で盛り上がったのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2006

ラ・セッテ

060513_1今年も、小倉から最強の叔母がやってきました。
毎年この時期になると、小学校の同窓会があるので広島にやってきます。
82歳になりますが、白髪をブルーのメッシュに染め、堂々たる体格で信じられないくらい元気です。
昨年、イタリア料理の『ラ・セッテ』でご馳走したところ、いたく感激し、死ぬまでにもう一度食べたいということなので、今回も予約を取りました。
昨年は、叔母と従姉だけだったのですが、今年は叔父となんと孫までやってきました。
こりゃ、今回の支払いはちょっと痛いな。と覚悟していましたが、
叔父が
「私は、みんなに食事をご馳走するためだけに来たので、会計は心配なく」
ときっぱりと宣言されたので、遠慮なく好意を受けることにしました。(ホッ)

060513_2
↑食べるのに夢中で、写真は最初の冷製スープと、前菜しか撮れなかった。

もと高校教師の叔父はかなりの堅物なのですが、思いっきりうれしそうな顔をして
「これは美味しい、これは美味しい」とつぶやきながら食べていました。
特に、デザートに出されたジェラートを食べて、
「こんなに美味しいアイスクリームは初めてだ!」と興奮していました。
叔母も
「こんなに美味しいもの食べられて、幸せだわ」
と、大喜びです。
自分がチョイスした店をこんなに喜んでもらえるのはうれしいことです。

帰り際に
「これで思い残すことはないと思ったけど、死ぬまでにもう一度食べたいわ」
と、叔母が悪戯っぽい笑顔を向けてきました。

来年もまた元気にやってくることでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2006

連休

5月4日
雲一つない青空の下、比婆山へハイキング。
今回は総勢10名プラス1匹の参加です。
みんなで出雲峠まで歩いて、そこでランチタイム。
なんと、ドンペリとキャビアが出てくるではありませんか。
さらに、ちらし寿司、おにぎり、海老フライ、コロッケなどなど…
いつもの山行では考えられないようなごちそうです。
食事のあと、僕を含む5名が『毛無山』に登りました。
残りの5名と1匹は、ビジターセンターへ帰って休憩です。
山頂の草原は、5月のさわやかな風が吹き、アルペン気分満喫です。
気持ちもゆるゆるになって、やっぱり山はいいですね。

060504

5月5日
早朝から起きだして『ズームインスーパー』での広島からの中継を見た後、スケッチブックをバッグに入れて、市内をぶらぶらしに出かけました。
自宅から会社、広島駅、そして自宅と、かなりの距離を歩きました。
途中、川沿いの道に木漏れ日のきれいな場所があったのでスケッチしました。
自宅で仕上げをしながら、「これはいつになくいい絵が描けたな」と思っていましたが、朝起きてスケッチを見返してみると、たいしたことはありませんでした。
まるで、夜書いたラブレターを朝読み返すと、とても恥ずかしい気がするのといっしょですね。

0605065月6日
海へ出かけました。
先日ニューボードを手に入れたHテレビのF田さんと、わが社のS月谷もいっしょです。
F田さんのボードは、僕と同じ「ジョエル・チューダー」モデルです。かなりクールな板です。
海に到着すると、残念なことに波がありません。
うねりを敏感にキャッチするビーチへ移動しましたが、うねりが小さすぎてノーサーフです。
南西の風が強く吹いていて、うねりを消してしまいます。
昼食後、わずかな希望を持って、しばらく波待ちすることに。
その間、ぼくはスケッチです。
波を待ちながらスケッチするなんて、なんてかっこいいのでしょう。(自画自賛)
残念ながら波は上がらず、温泉に浸かって帰りました。
温泉で体重を量ったら、なんと増えているではありませんか!!
よし、明日から腹八分目を遵守するぞと決意しながら、3人で焼肉をたらふく食べました。
やっぱり焼肉はおいしいですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 05, 2006

今年最初の海

060501_15月3日。
今年に入って初めて海に出かけました。
快晴の空の下、いそいそとボードを車に積み込んで、波に期待をかけながら出発です。
いつでもこの時はワクワクします。
浜田に到着して波をチェック。波はあるのですが、風の影響を受けてあまりいい波ではありません。風の影響を受けない、江津のビーチへ車を向けました。
途中、半年ぶりに出会うサーフィン仲間と雑談をして、福光海岸がいいだろうという情報を得ました。
そのビーチに着いてみると、案の定たくさんのサーファーが入っています。
僕も急いでウェットスーツに着替えて海に入りました。
今年は、まだ水温が上がってなく、冷たい水がガツンと脳天を直撃します。
それでも、久しぶりの海は心が解放され、とても心地よく感じます。
さあ、セットが入りました、今年最初の波をキャッチしようとパドリングに力が入ります。
うまく波はキャッチしたのですが、急いで海に入ったため、ワックスが十分に塗れてなく、おもいっきり滑って転んでしまいました。
それから、何本か乗ることができましたが、2時間くらいでパドリングできないくらい腕が疲れたので、上がることにしました。
やはり、久しぶりの海は、半端なく体力を消耗します。
でも、あと数回海に入れば、体も慣れてくるでしょう。

スケッチもしたかったので、早めに出発して、川本から旭に抜けて、どこかいい場所はないかと探しながら車を走らせました。

060505_2

市内は初夏の装いを呈していますが、県北はまだ早春といった感じです。
戸河内の田園地帯に車を止めてスケッチしました。
どうも色の使い方が偏ってきたようです。これからの課題は、『大胆に色を使う』ということにしました。
”アロハな絵”を描きたいと強く思う今日この頃です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 01, 2006

玄関先の小さな雑木林

Img_0669

昨年の秋に作った玄関先の小さな庭が美しい新緑をつけました。
作ったときは秋なので、冬を越して、はじめて迎える春。
想像していた以上に感じのいい庭になりました。
庭といっても、2坪に満たない小さなものですが、さすがにプロの仕事、どの草木もしっかり元気に育っています。
それにしても、新しい芽がぷっくりと顔を出し、それが日に日に萌えてくるのは感動的です。
いままで、植物には特に興味もなかったのですが、山を歩いているうちに自宅にも小さな雑木林がほしくなり、友人のフラワーコーディネーターNONちゃんに、ガーデナーを紹介してもらい作ってもらいました。
毎日会社の行き帰りに眺めて、ワクワクしています。

Img_0670ぼくの従兄弟は、植物が大好きで、奥さんの話によると、会社から帰って鞄を玄関先に投げたまま庭に行き、土をいじくったり、植物を見てたりで、約2時間は家に入ってこないそうです。しかもほぼ毎日。
ぼくも、従兄弟の気持ちが少しだけわかるようになりました。

夏になって、重いっきり水をやるのが楽しみです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »