« ブルーオーシャンサーフィンコンテスト | Main | ハワイアンライブ »

September 18, 2006

いわゆる大衆食堂

会社の近所に、時々残業食を食べに行く食堂があります。
先日も、仕事がたまって残業するはめになり、その店にでかけました。
いつものように、小鉢とメインのおかず、それに豚汁とご飯を注文して寂しく食べていると、
その店の看板娘が、
「これどうぞ」と、ニッコリ笑って”レンコンのきんぴら”をサービスしてくれました。
ありがたく頂戴していると、
「まだ、食べられますよね?」と言いながら、こんどは”おから”を持ってきてくれました。「え?どうしたの」と聞いても、ニッコリするだけです。
下町の大衆食堂を舞台にしたドラマにありがちな、貧乏な学生と、お転婆な食堂の娘といった図式か!?
とはいえ、こちらは学生とはほど遠いオッサンだし、その娘はまだ、学校を出たばかりのちびっ子です。
わが社のサトちゃんに言わせると、
「また、夢見がちな妄想が始まった〜」となります。

そして、しばらくすると、今度はその店の女将さん(その娘の母親)が、だまって、”かき揚げ天ぷら”を置いていきました。

いったいどうなってるんだ?

まあ、ただ単に、残り物の後始末をさせられただけなんでしょうね。
確かに、体型から見ると大食漢だけど、そんなに食えないって。

|

« ブルーオーシャンサーフィンコンテスト | Main | ハワイアンライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/11943755

Listed below are links to weblogs that reference いわゆる大衆食堂:

« ブルーオーシャンサーフィンコンテスト | Main | ハワイアンライブ »