« 自転車があれば・・・ | Main | ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 »

October 30, 2006

週末はなぜか鎌倉でした

1030_1新宿にある『世界堂』という画材店で、色鉛筆を買ったので、
試しに、『鎌倉文学館』をスケッチしました。
タッチも今までの絵と変えてみたのですが、うーん、難しいぞ。おそるべし色鉛筆。
でも、これからは水彩とかにこだわらず、いろんな表現方法を試してみてもいいなと思います。

館内にあった、芥川龍之介が後の妻、塚本 文に宛てた手紙に、こんなのがありました。

僕たちの生活は、幸福にしたいと思います。
うちはやっぱり鎌倉にあればいいと思っています。
どうせ小鳥の巣みたいなものだから、小さな家でよろしい。
日あたりがよくって、風さえ通れば、
それで結構です。
そうしたら、ほんとうに落ち着けるでしょう。
それが楽しみです。

とてもシンプルで、優しさにあふれていて、心うたれてしまいました。
わが家は、小さな家のところだけ同じです。
でも、鎌倉で、日あたりがよくて、風が通る家って、今ではとても贅沢ですね。

まともなスケッチもできないまま、北鎌倉をうろうろしていて、
羽田に帰るタイムリミット直前に見つけた「浄智寺」の参道。
何人かのご婦人がスケッチしていたので、
近くに陣取って急いでスケッチしました。

1030_2

時間に追われるような旅は、よくないですね。

|

« 自転車があれば・・・ | Main | ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82906/12485507

Listed below are links to weblogs that reference 週末はなぜか鎌倉でした:

« 自転車があれば・・・ | Main | ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 »