« チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』 | Main | 弦楽四重奏 »

July 02, 2007

サン・ジャックへの道

世の中には二種類の人間がいます。
歩く人と、歩かない人。
歩かない人は、歩くというシンプルな行為が生み出す変化を理解できません。
ぼくも5年前にタバコをやめるまでは、まったく歩かない人でした。
それが今では『歩くの大好き!』街だろうが山だろうが、どんどん歩きます。
そして、歩く事によって、いままでにない気持ちの変化を経験してきました。

E0107399_14525179

歩くことによる心の変化をテーマにしたのが、フランス映画「サン・ジャックへの道」です。
わけありの個性的な人たちが、聖地サンティアゴ(サン・ジャック)まで、1500kmもの巡礼路をひたすら歩くお話です。
さまざまなエピソードを盛り込みながら、この旅に参加した人たちの心の変化を見事に描きます。
そして、世界遺産に登録されている巡礼の道はとても美しく、是非一度は歩いてみたいと思わせます。
でも、完全走破するには二ヶ月かかるんだよね。

調べていたら、実は熊野古道が「サン・ジャックへの道」の舞台であるサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路と姉妹路であることがわかりました。ホノルルと広島が姉妹都市だというのは有名ですが、道にも姉妹ってあるんですね。

ということで、せめて熊野古道を歩こうと、めらめらと情熱を燃やすぼくなのです。

|

« チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』 | Main | 弦楽四重奏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サン・ジャックへの道:

« チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』 | Main | 弦楽四重奏 »