« 鎌倉 鎌倉宮 | トップページ | 鎌倉 天園ハイキングコース »

2009.09.16

鎌倉 覚園寺

090914a090914b
鎌倉宮から歩いて10分ほど登ると見えて来ます。
杉本寺に続く、印象深い寺でした。

鎌倉北部は、指を開いた手を伏せたような地形になっており、指の間にあたる部分を「谷戸(やと)」または「谷(やつ)」と呼ぶそうです。谷戸の奥が寺になっていることが多く、覚園寺の建つ谷戸は「薬師堂ヶ谷」と呼ばれているそうです。

この寺は拝観時間が1時間ごとと決まっており、寺の方が案内(約50分)してくれます。

朝10:00から始まる拝観は、私の他に手ぶらの中年男性が一人でした。
2名の拝観でしたが、汗だくになって親切丁寧な説明をされる姿に感謝です。

とある木の下で、新緑の落ち葉を拾われ、満面の笑みとともに手渡されました。
ナギと言うとても縁起の良い木で、海の凪を願う船乗りに信仰されていたようです。葉の両側からひっぱっても葉脈がたくさんあるのでたやすく千切れることもなく、困難をナギ倒すとも言われ、その昔、女性が嫁ぐ際に、良縁が千切れないようにと、こっそりお守りにした葉なのだそうです。

こういうのって嬉しいですね。私の大切な人達にも配りたくなり、落ち葉を拾い集めたい衝動にかられましたが、次の場所へ移動しはじめましたので、その場を立ち去る事に……後ろ髪をひかれる想いですが、この場所で手にするからこそのご利益なんだよねっなどと無理矢理に心を鎮めるのでした。その他にも聞いて良かったことがたくさんです。

拝観後、再び愛染堂に立ち寄って、お賽銭を多めに入れて帰りました。
薬師堂ヶ谷の住宅内からは、親子がはしゃいでいる声が聞こえたり、
奥様方の笑い声が聞こえたり、それだけでも頬がゆるんできます。
緑も多く心地よい空気が漂い、ゆったりした時間が流れてました。

覚園寺 鎌倉ツリープ HP参照 >>

|

« 鎌倉 鎌倉宮 | トップページ | 鎌倉 天園ハイキングコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉 鎌倉宮 | トップページ | 鎌倉 天園ハイキングコース »